« テクニカルだけで上値と下値を見ると・・・ | トップページ | 蚊帳の外 »

2006年12月18日

利上げ希望!

 


 * 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
     http://kabuben.blog73.fc2.com/
 宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m

*** ↓ 以下サンプル ↓ ***


直近の経済指標や外部要因など支援材料は決して多くないのに・・・
(殆ど無いと言ってもいいぐらいなのに・・・)

NYダウは、連日の史上最高値更新!
日本市場(日経平均・TOPIX)も、11月末からの急ピッチの上昇!

ヤンキーに関しては、ポジティブシンキング上げ。
日本市場は、チャートの形が強すぎる上げ。

ただそれだけです。

そろそろ警戒したほうが良い水準になってきました。

特に気になるのはTOPIX。日経平均とは違い、未だ10月24日の高値を抜けていない。

このまま、害人・投信のコア買いが続けばあっさり抜くのだろうが・・・
今週はクリスマス休暇本格化(-_-;)

TOPIXが戻り高値に引っかかるようであれば・・・
日経平均もろとも、「軽い」調整が入ってもおかしくないかと。

ところで、旬の金利ネタなど一つ。

明日は、日銀政策決定会合声明!

福井君は景気、金融政策にどんな考えを持っているのか?
利上げは来年1月にロールオーバー(先送り)されるだけでは?
との見方もあるが・・・

相場の性質として、目先に振らされるのは已む無しだが・・・

利上げできないことの方が問題あるんじゃねぇの?


利上げに関し:
政策金利
消費者物価(インフレ率)
実質GDP
この3つは、切っても切れない縁がある。

以下数字で挙げて見てみる。

政策金利

消費者物価

実質GDP

NZドル

7.25

4.0

1.4

豪ドル

6.25

3.9

1.9

米ドル

5.25

2.7

2.9

ポンド

5.00

2.4

2.8

ユーロ

3.50

1.6

2.6

スイスフラン

1.75

0.7

3.1

0.25

0.2

2.7



見てすぐ判りますが・・・

NZ、豪に関しては、もう利下げするしかない状態。

NZ、豪の消費者物価(インフレ率)は、目標値の3%を超えている。
米、英の消費者物価(インフレ率)は、目標値の2%を超えている。

一番すごい(ヒドイ)のは、NZ、豪。 インフレ引き締めは判るが・・・
GDP成長率なんて日本以下の1%台なのに、金利は6-7%(゜o゜)

対して、日本・・・これもある意味ヒド過ぎ(-_-;)
上記の中で、異常な0.25の金利、インフレ懸念皆無、GDP成長率もマシ!

これで利上げしない(出来ない)方が異常です!

先月・先々月、株価が低迷(調整)していたときに・・・
「利上げ!」と福井のボケがぶち上げたときには、「阿呆か!?」と怒りが沸いたが・・・

現在の株価水準(¥17000)で上げられなかったら・・・
もう上げるタイミングないと思う。
調整局面での利上げはやめて欲しい。
この株価上昇局面で利上げしてくれ!

今、利上げすれば、良い感じの調整となると思う。
(丁度過熱感もあり、株価の高い今がチャンス♪)

下の節目(¥16400-16450、¥16200)も岩盤だし!
調整入っても安心(^^♪

害人の視点から見ても・・・
こんな異常な金利政策続けている国の株なんて買いたくない!
と思うんだが・・・

多くの個人投資家は大反対だろうが・・・

(ないとは思うが...)私は、明日の利上げ発表に期待するm(__)m

金利政策正常化

にもかかわらず企業の成長

害人の上値追い

こうならんことには、遅かれ早かれ、今の相場終わるし・・・
常に暴落の可能性(危険性)を孕むと思うm(__)m 

|

« テクニカルだけで上値と下値を見ると・・・ | トップページ | 蚊帳の外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172738/13115886

この記事へのトラックバック一覧です: 利上げ希望!:

» 為替レートの変動について(1) [豪ドルでデッカク儲ける豪ドルスワップ金利]
<為替レートにも種類がある> 国と国の異なった通貨を交換する際の交換比率を為替レート(外国為替相場) といい、至る場所で、「1ドル=117円」などといった表示を見かける機会が 多いかと思いますが、これらが、現在の為替レートになります。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 00:18

« テクニカルだけで上値と下値を見ると・・・ | トップページ | 蚊帳の外 »