« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日

PER(株価収益率)知っていますか?

超簡単! ホンの5分から始める「イベント株式投資」セミナーDVD
株価に関係なく「どうしても株を買わざるを得ない人たち」が いることを知っていますか?

詳細は今すぐ ココをクリック!


* 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
 

http://kabuben.blog73.fc2.com/
宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m
 

*** ↓ 以下サンプル ↓ ***



Yahoo!掲示板でよく、PERが20倍で高いだ安いだでモメテいますが・・・
そう単純なものではありませんm(__)m

結構勘違いしている投資初心者様多いようなので・・・
PERについて書いてみることにしました。ご参考になれば幸いです。
(と偉そうに書いてますが、私も初心者ですm(__)mスイマセン)

  

PERとは「Price Earnings Ratio」の略で
「株価収益率」とも言いいます。

利益面から株価が高いか安いかを判断するための指標。

 
個人投資家が最初に注目する為、見逃せない指標です。

 
PER(株価収益率)は「株価÷1株当りの純利益」の式で求められます。

1株当りの利益が50円で、株価が1,000円ならPERは20倍と言う事になります。

つまりPER20倍の銘柄を買うと言う事は
その会社20年分の将来性(利益)を買うとも言えます。

 
このことからも、PERは割安かを計る指標であり
将来性(投資家の期待感)を表す指標であることが判ります。

 
PERには単体PERと連結PERがあり
一般的には連結PERが重要視されます。

 
PERだけで一概に現在の株価を割安・割高と決められませんが・・・
一つの重要な判断材料にはなります。

 

PERは業種(セクター)により、その平均値はバラバラです。

例えば東証一部の業種別平均PERでは・・・

鉄鋼セクターの平均PERは約14倍と比較的低く
(このPERの低さと再編への期待から昨年末から鉄鋼セクターが買われているわけです。)

逆に小売、保険等のセクター平均PERは約35倍と高めです。

比較する際は同業他社と比べて
その銘柄のPERが高いか低いかを見るべきでしょう。

 

また、東証一部上場で歴史のある大型銘柄は比較的PERが低く
ジャスダック・マザーズなどの新興市場ではPERが高い傾向があります。

 

単にPERが低ければ良いと言うわけでもありません。

将来性・発展性に不安がある銘柄はPERが低く

将来性・発展性が期待される銘柄は
100倍を超えるようなPERでも
株価が上がっていくことがあります。

 
よくあるパターン(勘違い)としては、PERが10倍以下の銘柄を「発掘」!
と喜んで買ってはみたものの、その後株価は全く上がらず・・・

前述しましたが

PER=企業の成長性・将来性です!

 
PERが10倍前後、若しくは一桁の銘柄は
成長性・将来性がなく放置されている銘柄
株価上昇の見込みがない銘柄とみるのが一般的です。

 
一般的にPERが30倍と聞けば、割高と思えますが・・・

その銘柄(企業)の成長率が
年率10%の上昇を今後とも維持できると見るならば
PER30倍でも適正PERといえます。

 
PERが50倍ならば・・・

その銘柄(企業)の成長率が
年率20-30%の上昇を今後とも維持できると見るならば
PER50倍でも適正PERといえます。

 
注意しなければいけないのは・・・
「今後とも、その成長率を維持できるか?」という事です。

もし維持できなければ、然るべくして売り込まれ
株価は暴落するので注意が必要です(T_T)

小手先のテクニックでは・・・
PERが高い銘柄を保有しているのなら四半期決算発表前に一度手放すのも
負けない投資としては有効です(-_-;)

 

 
 
    *** PERで世界市場と日本市場を比べてみると ***

株価収益率_PER.gif

日本株のPERが欧米並みの水準となってきたことは・・・
企業間の株式の持ち合いの解消などにより、日本と欧米主要国の経済が等質化され
PERという尺度で日本経済を国際比較できるようになったことを意味します。

外国人投資家の存在感が高まっていることも・・・
日本株のPERの割高感を修正するのに一役買っているのでしょう。

以前(バブル期・バブル後)は、PER30-70倍と「常に異常」でしたが・・・
2001年以降は、正常値に近づきつつあります。

まだ欧米と繰れば若干割高ではありますが・・・
現在のPERは、バブル期のような株価大暴落に直結するような異常値ではありません。

警戒は常にしなければなりませんが・・・
過度に警戒する必要はないのではないかと思われます。


200万円からはじめて5年以内に3億円以上の資産を築くチャンスが到来しているのですが、あなたは興味がありますか?そして、もし望むなら、実際に億の資産を手に入れた投資家の“2007年の投資戦略&注目銘柄”をじっくり5時間も聞き放題なのですが・・・ 詳細は今すぐこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日

相場の強弱感と資金の流れ

超簡単! ホンの5分から始める「イベント株式投資」セミナーDVD
株価に関係なく「どうしても株を買わざるを得ない人たち」が いることを知っていますか?

詳細は今すぐ ココをクリック!


* 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
 

http://kabuben.blog73.fc2.com/
宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m
 

*** ↓ 以下サンプル ↓ ***



相場は、正論のみで動くものではなく個別の事象(企業業績にしろチャートの見方にしろ)には
全て二面性があり、相場はその強弱関係で動きます。

 
例えば、日経平均が¥17300台の時

強気派: これから需要が本格的な高まりを見せる!
      企業は更なる利益拡大が見込めるぞ!割安だ!買い!

弱気派: 日経平均PER20倍超(゜o゜) 既に割安ではない!売り!

 
日銀の利上げが見送られた場合

強気派: 利上げ見送りにより、円安が期待できる!
      企業業績のより一層の伸びが期待できるから買い!

弱気派: 利上げも出来ないほど個人消費が悪いのか!
      時間の問題で企業収益にも悪い影響が出るから売り!

 
米国で原油価格が下落した場合

強気派: インフレ懸念が払拭され、早期利下げ観測だ!買い!

弱気派: 原油下落→商品市況全般下落!
  ヘッジファンド損失の穴埋めで資金をシフトすれば株式市場もヤバイ!売り!

 
強気派・弱気派、上記どれも全て正しい解釈です。
 

株価は、全て強弱関係によって決まります。
資金が売・買、どちらに大きく流れるかの
強弱関係(バランス)と言っても良いか。

強気派の資金 > 弱気派の資金 = 株価上昇

強気派の資金 < 弱気派の資金 = 株価下落

どちらが正しいかではありません!
どちらに資金が大きく動くかで株価は決まるのです!


常に正しい方に資金が流れるとは限らないので気をつけましょう。

 
資金の流れによっては、どんなにセオリーに従った、正しいと思われる売買をしても・・・

なんで下がるんじゃぁ!!!
どうして上がったの(゜o゜)

と、個人投資家に良くありがちなパターンに陥りますw

 
Yahoo!の掲示板でよく見かけますが・・・

馬鹿じゃねぇの!なんで売ってんだよ!絶対上がる!下がるはずがない!等々の書き込み・・・

相場に絶対はありません!
 

唯一ある絶対は・・・

相場に「絶対」ということは「絶対」にない!
 

って事だけです(^^ゞ

 

下げているのはオカシイ、絶対上がるはず!

私も度々、この精神状態に陥りますが・・・
この思考パターンも、損切り出来なくなるので要注意ですm(__)m

 
絶対の買いも、絶対の売りもあり得ません。

常に株価上昇の可能性、株価下落の可能性
両方を考え相場に臨みたいものです。

 
当たり前の話ばかり書きましたが・・・
板に向かって熱くなっているとついつい忘れてしまうのです。
自分のためにも書いてみましたm(__)mシツレイシマシタ。

 


200万円からはじめて5年以内に3億円以上の資産を築くチャンスが到来しているのですが、あなたは興味がありますか?そして、もし望むなら、実際に億の資産を手に入れた投資家の“2007年の投資戦略&注目銘柄”をじっくり5時間も聞き放題なのですが・・・ 詳細は今すぐこちらをクリック

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2007年1月17日

値動きの激しい時の解釈と対処

超簡単! ホンの5分から始める「イベント株式投資」セミナーDVD
株価に関係なく「どうしても株を買わざるを得ない人たち」が いることを知っていますか?

詳細は今すぐ ココをクリック!


* 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
 http://kabuben.blog73.fc2.com/
宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m

*** ↓ 以下サンプル ↓ ***


 

年明けの相場で落ち着いていたのは大発会と米市場休場の日だけ。

その後は、荒い値動きが続いていますな(-_-;)

12月のザラ場のレンジは、平均で122円だったのにね。

今月のこの激しさといったら・・・

ボラの高い(値幅の大きい)月って、結構特定の月に偏るようです。
昨年で言えば、5月、2月、1月、6月の値動きが激しかった。
今月は荒い値動きが続きやすいと見て、今後の相場に対応すべきか。

こんな時はBOXよりもレンジブレイクを狙いたいw
ロスカットは早めに、波に乗ったら長めにHOLDってことでw

 

今日も前場どうなることかと思ったが・・・

日経平均¥17050処の5日移動平均線。
日経平均¥17000処の25日移動平均線。
日経平均¥17000処の心理的サポート線。

のトリプルサポートで、本日の安値でも¥17002と
¥17000を一度も割ることもなく
あっさり切り返し、結局前日比でプラス引け。


そもそも、朝方売られたのがよう判らんかったよなぁ(ーー;)

 
場中(前場)にも書いたが(http://kabuben.blog73.fc2.com/blog-entry-606.html

前場に売られた主な要因は3つ。

1. インテルの決算
2. 外国人金額ベース売り越し
3. 利上げ見送り観測

 
どう考えても辻褄の合わない売られ方だった。サラッと分析(モドキ)してみると・・・

1. インテルの決算

インテル決算に関しては、粗利益率はネガティブだが、決算自体はポジティブ。
売り上げが落ちたんなら大騒ぎすべきだが、粗利益率に関しては・・・
個別(インテル)の問題であり、半導体セクター全般で騒ぐほどのこともなかった。

 
2. 外国人金額ベース売り越し

金額ベースで小幅売り越し。「小幅」です!誤差の範囲内だろ・・・

 
3. 利上げ見送り観測

昨日まで利上げを織り込むカタチで株価は推移し・・・
一説では60-70%「今回の利上げ」を織り込んだと言われていたんよ!?

それが今日の日経新聞朝刊で・・・
「利上げ見送り観測強まる」みたいな記事出たことで株価場下がるって・・・
オカシイですわな。利上げ見送りなら、上がらにゃならんでしょ!辻褄合わんだろ(ーー;)

強引にこの矛盾を解釈すれば・・・

市場は今回の利上げを望んでいる!

ってことなんでしょうな。利上げと景気に対する不透明感から売られたと。だったら・・・

福井君!明日しっかり利上げの明言せいや!

ってことで(^^ゞ

 

あっ、そうだ! たまにはタメになる?「利上げに関する一般具体論」でも書いてみる。

利上げに関する一般論として・・・

利上げ = 鉄鋼、造船等の低位株は調整が深まる。

皆さんの記憶に新しい、12月の鉄鋼株爆上げ・・・

あれは、利上げ「見送り」観測の強まりから
流動性相場の色彩が強まり
世界的な業界再編期待という強調材料もあり
鉄鋼株が物色の柱となったってことです。

つまり、12月の鉄鋼株爆上げは
利上げ見送り → 流動性相場の象徴だったとも言えます。

 
通常、(今回の様に)金利引き上げ観測が強まると・・・

流動性相場から業績相場の色彩が強まります。

買われるのは、利上げによるデメリットの少ない
好業績・好財務国際優良株。

これが基本です。

あくまで一般論です。必ずしもこうなると言うわけではありません。
でもセオリーは知っていた方が良いかなということで・・・
投資初心様向けに書いてみましたm(__)m

この通りに株価が動かない場合もありますが・・・
その場合は、後々「相場の歪み」として捉えられ
いずれその「歪み」は「修正」されることが多いです。

 
今現在の物色は・・・歪んでますよね(*^^)v
修正されるべき株価の銘柄を買いたいものです。
 


 

200万円からはじめて5年以内に3億円以上の資産を築くチャンスが到来しているのですが、あなたは興味がありますか?そして、もし望むなら、実際に億の資産を手に入れた投資家の“2007年の投資戦略&注目銘柄”をじっくり5時間も聞き放題なのですが・・・ 詳細は今すぐこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月 8日

銘柄選び

* 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
    http://kabuben.blog73.fc2.com/
 宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m

  *** ↓ 以下サンプル ↓ ***


銘柄を選ぶ上で
色々な方法や思考がありますが・・・

いざ選ぶとなると、そして買うとなると、最後は「感」に左右されやすいものです。
(私の場合も、そういったことが往々にしてありますm(__)m)

買った翌日
「なんでこんなの買っちゃったんだろう... あっちだったよなぁ・・・」
ってことありませんか? (私はあります(-_-;))
 
 

投資初心者様向けに、銘柄を選ぶ上で・・・
重要と思われるところを以下3つ上げてみます。
 

其の一

その銘柄の良し悪し以前に、現在の地合いにその銘柄のセクターが適しているか?

現在の地合いを例に取ると・・・
今月、若しくは来月にも日銀が金利を上げるとの観測があります。

この状況で、好ましくない銘柄は、有利子負債の大きな銘柄。
好ましくないセクターは、銀行からの借り入れ依存度の高い不動産でしょうか。

逆に好ましい銘柄は、有利子負債が少ないのに、全体下げに引きずられ下落した銘柄。
好ましいセクターは、利ざや改善が見込まれる、銀行。

こんな感じで、考えてみるのがセオリーです。
地合いに合わせた銘柄・セクター選びは重要です。

其の二

同一セクター内で割安感はあるか?

例えば、自動車セクターでなにを買おうかな・・・ と、考えた場合。
トヨタ、ホンダ、日産と三社並べて、最低限PER、PBR、ROE位は比較してみましょう。
同じセクター(業種)で比較することが重要です!

業種により平均PER、平均PBR等かなり差があります。
一概に、10倍台だから安い、30倍台だから高いとはいえません。

例えば、輸送用機器(自動車)セクターは、平均PERは、17.5倍。
一方、食料品セクターの平均PERは、34.0倍。

仮に、PER24倍の銘柄の購入を検討しているとすると・・・
食料セクターの24倍なら割安、輸送用機器の24倍なら割高となります。

セクターごとの特徴は掴んでおきましょう(^^♪

 

其の三

得意銘柄を作る!(常に監視しする銘柄を決める!)

デイトレーダーは多くの銘柄を瞬時に判断して、超短期での勝負なので・・・
この「其の三」は当てはまらないかもしれませんがm(__)m

個人投資家にとって常に監視する銘柄を作ることは重要です。
特に投資初心者にとっては、最重要といって良いかもしれません。

常に同一の銘柄を監視することで・・・
チャート、テクニカルの読み方の勉強にもなります。
また、その銘柄(セクター)の癖を掴む助けともなります。

* 下方修正が発表されたとき、どう動くのか?
* 自社株買いが発表されたら?
* マーケットイベント(機械受注やCPI e.t.c.)への反応は?
* 仮需が悪化した場合は?
等々・・・

同一銘柄を長期にわたり監視していれば・・・
近未来の事象に対する想定が「ある程度」できる様になるワケです。

以下ご参考までに、小生監視銘柄をばm(__)m

市場

コード

名称

PER

PBR

ROE

配当

東1

1878

大東建託(株)

 18.54

 2.59

15.65

1.57

東1

2301

(株)学情

 

 

13.10

---

東1

2503

キリンビール(株)

 35.30

 1.85

5.60

0.77

東1

2591

カルピス(株)

 23.73

 1.34

6.07

1.21

東1

2593

(株)伊藤園

 27.96

 3.93

15.93

1.56

東1

2602

日清オイリオ

 18.32

 1.24

7.21

1.00

東1

2801

キッコーマン(株)

 27.72

 1.64

6.41

0.84

東1

2897

日清食品(株)

 35.73

 2.01

5.90

0.67

東1

3382

(株)セブン&アイ

 37.98

 2.05

---

0.74

東1

3404

三菱レイヨン(株)

 19.62

 2.44

14.26

1.13

東1

3405

(株)クラレ

 24.43

 1.49

6.50

1.07

東1

4301

(株)アミューズ

 15.20

 1.26

8.81

1.17

東1

4452

花王(株)

 24.74

 3.36

14.85

1.55

東1

4471

三洋化成工業(株)

 28.59

 1.01

3.74

1.88

東1

4521

科研製薬(株)

 23.09

 1.63

7.76

1.61

東1

4540

(株)ツムラ

 16.10

 3.11

26.50

0.50

東1

4680

(株)ラウンドワン

 16.94

 3.78

29.48

0.59

東1

4919

(株)ミルボン

 15.71

 3.02

18.37

1.56

東1

5002

昭和シェル石油(株)

 8.37

 1.64

23.25

2.69

東1

5201

旭硝子(株)

 27.51

 1.88

7.73

1.06

東1

6301

コマツ

 20.15

 3.37

20.78

0.78

東1

6326

(株)クボタ

 17.46

 2.25

14.90

0.92

東1

6349

(株)小森

 20.16

 1.02

5.34

1.06

東1

6368

オルガノ(株)

 34.11

 1.96

6.32

0.67

東1

6370

栗田工業(株)

 30.82

 2.18

7.47

0.87

東1

6444

サンデン(株)

 -23.48

 0.93

-4.07

1.88

東1

6505

東洋電機製造(株)

 17.38

 1.45

9.07

1.23

東1

6752

松下電器産業(株)

 34.61

 1.37

4.21

0.83

東1

6857

(株)アドバンテスト

 

 

17.81

---

東1

6954

ファナック(株)

 27.21

 3.02

12.44

0.84

東1

6981

(株)村田製作所

 30.55

 2.28

7.96

0.87

東1

7203

トヨタ自動車(株)

 18.73

 2.31

14.00

1.14

東1

7272

ヤマハ発動機(株)

 16.00

 2.43

18.90

0.78

東1

7611

(株)ハイデイ日高

 22.53

 1.95

10.00

1.60

東1

7701

(株)島津製作所

 25.94

 2.26

10.01

0.69

東1

7741

HOYA(株)

 27.20

 6.27

27.13

3.21

東1

7751

キヤノン(株)

 

 

15.96

---

7829

(株)サマンサタバサ

 

 

23.95

---

東1

8015

豊田通商(株)

 19.15

 2.21

16.59

0.58

東1

8089

ナイス(株)

 16.59

 0.83

4.95

1.41

東1

8258

(株)オーエムシー

 10.93

 2.66

29.98

1.86

東1

8306

(株)三菱UFJFG

 15.98

 2.07

12.33

0.47

東1

8316

(株)三井住友FG

 12.88

 3.09

19.00

0.25

東1

8411

(株)みずほFG

 15.59

 2.98

14.92

0.47

東1

8888

(株)クリード

 16.03

 3.74

26.09

0.50

東2

9058

トランコム(株)

 17.73

 2.63

16.93

1.06

東1

9306

東陽倉庫(株)

 20.10

 1.03

5.31

1.77

東1

9501

東京電力(株)

 16.93

 1.80

11.75

1.54

東1

9531

東京ガス(株)

 27.21

 2.36

9.02

1.10

東1

9793

(株)ダイセキ

 

 

10.08

---


* データは全て本日付、連結。データ赤字は割安と思われるもの。
  銘柄赤太字は、現在の小生保有銘柄。黒太字は買い検討中。

 
個人投資家は、投資に避ける時間が限られていますが・・・
時間のあるときにでも(週に一回でも)、気になる銘柄抜き出してみると、結構良い勉強になります(^^♪

必要最低限と思われ3つだけ書いてみましたが・・・
今度暇を見て、もう少し細かく書いてみますね^_^; 


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 5日

循環物色の終着駅は・・・

  * 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
     http://kabuben.blog73.fc2.com/
 宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m

*** ↓ 以下サンプル ↓ ***


半日立会い、害人、ファンドマネージャー主力どころも休暇中で、なんとも言い難いが・・・

正月休みの半日立会いにしては、出来高・売買代金とも盛り上がりましたな。

東証1部の売買代金は概算1兆4196億円、売買高は同10億6172万株。
東証1部の値上がり銘柄数は1329、値下がりは298、横ばいは83。
 


今年最初の取引となった3日の米国市場は
引けにかけて大きくダレたが・・・

景況感の指針の一つ、ISM製造業景気指数は良好で、原油は大幅下落。
FOMC議事録要旨が慎重だったことからダレただけ。

心配することはなさそう。


原油(WTI)が底割れしたことで
しばしインフレ懸念再燃の危険性は
回避されたと見るのがセオリーか('_')

ダウは当分、大きく値を崩すことはなさそうですな。
(調整があるとしても、大きな事件でもない限り、軽い押し目の日柄調整かと。)

因みに、3日は香港、インド、シンガポールが最高値を更新。

今日は、全般的に安心してみていられる一日でした。

日本市場に関しては、大発会の日の上昇は、これで6年連続!

新日鉄や住金など、昨年12月に大きく上昇した鉄鋼株には利益確定の売りが目立ったが・・・
日立、東芝、三菱重、石川島e.t.c. 原子力発電事業の成長期待を手掛かりとして買われた。

今日のような物色の循環は
12月には見られなかったことヽ(^o^)丿

(コアと小型のリレーはあったが、それも新日鉄の貢献がデカかったからだし・・・)


年末の新日鉄の様に
目先資金が集中する「一極集中」の地合いよりは

今日のような「新たな主役探し」の地合いの方が
息も長く、バランスも良くなる。

今日の新日鉄の下げ、全体上昇は
むしろ全体にも新日鉄にとっても好感するべきかとw


今後は、TOPIX型の相場にも期待したい。

物色の循環が内需の要「大手銀行株」に到ることで
TOPIX(NT倍率)の修正にも繋がれば
大崩れの危険性も薄れ、調整日のヨミも容易になりそう。

逆の見方をすれば、そこまで物色が回れば・・・
全体調整が近いとも見れる(^^ゞ


過熱感はあるものの・・・
昨年末と同じく、明確な下落シグナルが出るまでは、放置&HOLDでよしかw
(私、年末から利食ったり、銘柄入れ替えしたりで放置とは言い難い状態ですがm(__)m)

なんにしろ、油断はしないように頑張ります(~_~)


 
とりあえず、明日・来週と目先気にしなければならないのは
外国人動向と為替。


世界各国の市場は3日から始動しているが・・・
主だったファンドマネージャーは、問答無用で9日まで休みを取っているヤツが多い(^^ゞ

海外投資家の多くが新しい運用年度に入ったことで・・・
新規資金の流入期待も広がったとか、オイルマネーの流入が確認とか、言われているが・・・

買われる銘柄は限られている。
迂闊な銘柄の新規買いは控えたい。


9-12日は、プチSQの影響も考えられるため・・・
来週頭(9日)の値動きで一旦銘柄入れ替え・リバランスも考えている(*^^)v

その際は、ファンダメンタルズ重視のコテコテ銘柄の追撃買いにしておきますw

*** マーケティングの波には乗りたいが、流されないように、そんな一曲 ***

「What Can I Say」 by Taxi Ride

オーストラリア出身のバンド。
オーストラリアの特徴(典型?)として、この「TAXI RIDE」も案の定... 垢抜けない(-_-;)
PLAYが「プライ」になるのはご愛嬌ってことでw

それでも、ハスキーながらグルーヴ感のあるコーラスは揺るぎなし!
ロックでハーモニーがあり、うねりがある曲、それだけで一年間毎日聞き続けられます!

哀愁感・荒野・人恋しさ、そんなキーワードを感じるバンドです。

日本で全く人気ないみたいなので、絶版になる前に是非w

個人的には本曲の入っている「AXIOMATIC」のアルバムより
2002年作「GARAGE MAHAL」の方が、メロディアスで好きなんですが・・・
敢えて骨太の一曲を拾ってみた。

正月早々暗い曲でゴメンナサイm(__)m
 

洋楽マニアの方、若しくはご興味のある方、宜しければこちらもどうぞ(^^♪  


 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »