« 基調の強さは確かだが・・・揺り戻しに警戒 | トップページ | 様々な追加利上げ解釈 »

2007年2月21日

あと半年は利上げ懸念なし!?

超簡単! ホンの5分から始める「イベント株式投資」セミナーDVD!
株価に関係なく「どうしても株を買わざるを得ない人たち」が いることを知っていますか?詳細は今すぐ ココをクリック!


* 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
      http://kabuben.blog73.fc2.com/
 宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m
  *** ↓ 以下サンプル ↓ ***



遂に・・・というか「ようやく」追加利上げ決定!

利上げ提案が、後場寄り付き後出ると
急落したものの速攻で切り返し。

為替市場も、利上げが決定されると
円安に振れたヽ(^o^)丿

まさに絵に描いたような出尽し上げ!

 
まぁ、そりゃそうだろって感じ。

今回「ようやく」追加利上げが出来たけど、それでも0.5%(-_-;)
欧米の約十分の一という、非常識な限りなくゼロ金利政策は未だに続いている・・・

因みに欧米(主要国(主要通貨))の政策金利は以下の通り:

政策金利

消費者物価

実質GDP

NZドル

7.25

4.0

1.4

豪ドル

6.25

3.9

1.9

米ドル

5.25

2.7

2.9

ポンド

5.00

2.4

2.8

ユーロ

3.50

1.6

2.6

スイスフラン

1.75

0.7

3.1

0.25

0.2

2.7


↑見たまんまですが、どう考えても日本だけ異常値です。
今回0.5%となりましたがそれでも・・・
(上記表、06年12月18日付自己記事より引用。)


  
今回、利上げを行ったことで・・・

3-4月の利上げはありえず!
5月からは参院選を睨み
政府の圧力で利上げ不可能!

(今回も満場一致にならず、副総裁のアホが利上げ反対に回って票割ったし<`ヘ´>)

と考えると・・・
あと半年は利上げはないと見て良さそう。

ってことは8月までは・・・
利上げは売りネタから消えたと。

 

現在のところ、多くの関係者は・・・

現状の相場水準に高値警戒感を抱いているものの
トレンドが続く限り、割り切ってついていくしかないという認識が大勢。

しかし、大口はオーバーナイトでポジションを持ち越すほど強気ではない。日中のディーリングに徹している模様。
故に、需給(特に仮需)が悪化せず、売り方が踏まされる・・・
そんな相場ヽ(^o^)丿

 
明日・明後日からは・・・
月末でディーラーが動き難くなる。
本チャンSQ(3月9日)も意識し始める頃。
SQを意識すれば、裁定買い残も当然意識される。

基調は強含み、これは疑いようがないが・・・
割り切りスタンスでついていく・・・
そのぐらいの意識の方が良さそうな気がm(__)m


今日特に強さを印象づけたのが鉄鋼株。

新日鉄は1989年以来の800円乗せ。住金は90年以来の600円乗せ。 この2銘柄で東証1部全体の出来高の2割近くを占めた。
(もう下がる、絶対下がると言われた、昨年末もこんなでしたなm(__)m)


200万円からはじめて5年以内に3億円以上の資産を築くチャンスが到来しているのですが、あなたは興味がありますか?そして、もし望むなら、実際に億の資産を手に入れた投資家の“2007年の投資戦略&注目銘柄”をじっくり5時間も聞き放題なのですが・・・ 詳細は今すぐこちらをクリック

|

« 基調の強さは確かだが・・・揺り戻しに警戒 | トップページ | 様々な追加利上げ解釈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172738/13999415

この記事へのトラックバック一覧です: あと半年は利上げ懸念なし!?:

» 信用倍率投資法 [ラクして待つだけ]
株を放って置いて、月30万円儲けよう! [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 22:44

« 基調の強さは確かだが・・・揺り戻しに警戒 | トップページ | 様々な追加利上げ解釈 »