« 2007年2月 | トップページ | 2008年11月 »

2007年3月 6日

目先上値・下値を節目で検証

超簡単! ホンの5分から始める「イベント株式投資」セミナーDVD!
株価に関係なく「どうしても株を買わざるを得ない人たち」が いることを知っていますか?詳細は今すぐ ココをクリック!


* 本編「株の勉強会」はFC2にて更新中! *
      http://kabuben.blog73.fc2.com/
 宜しければ、是非一度遊びに来て下さいm(__)m
  *** ↓ 以下サンプル ↓ ***


明日は魔の水曜日と言われる、SQ前々日(゜o゜)
波乱の日とされている。

基本的には下落が多いが、ここまで売り込まれたことを考えると
(売り玉の清算を考えると)上昇の波乱も無きにしも非ずだが、
一応警戒したい。

 
短期的にはしばらく不安定な動きとなりそう。

今日の反発は、ここまでの大暴落と比べると
僅かな頼りないものに見えるが・・・

それでも敢えて、ここまでの大暴落は、中期的(2-3ヶ月)には¥20400-21300処の上値に向けた、上昇トレンドが続く中での短期的な調整と書きたいm(__)m

 
 
 
以下、超目先的な上値の目処。

今日の場中、市場筋では、¥17200↓はオーバーシュート。
早期にも修正されるとの声があったが・・・

節目を意識すれば、¥16970~17100のレンジを目先戻りの目処としたい。

この下であれば、余力にもよるが・・・
問答無用の押し目買いで良いのではなかろうかm(__)m タブン。

 ¥16970-17100。
このレンジは節目の密集地帯(゜o゜)

以下、その節目レンジ¥17000-17250の解説。

1. ¥17000、誰でも判る心理的抵抗線。

2. 75 日移動平均線の水準(¥17030処)。

3. 一目均衡表の抵抗帯の上限(¥17100処)。

4. 値幅測定から観測される下値。
17014:15638(06/7/4)~14437(06/7/18)への下げを18215(07/2/26)から下げ。

5. フィボナッチポイント
16970: 15725(06/11/20)~18215(07/2/26)への上げの50%押し。

世界的に市場が落ち着くまでは
この辺で考えておけば良いのでは。

 
 

そして誰もが恐れおののく下値の目処・・・
どう考えても日経平均¥16800だろう(゜o゜)

うげぇ・・・真下じゃねぇか!と思われる向きが多いかと思うが、しょうがない;;私もかなりビビリ入っている(T_T)

おぃおぃ・・・そんじゃ昨日の下ぶち抜けなんだったんだよ<`ヘ´>
と思われる向き、更に多いと思うが、これもしょうがない;;
オーバーシュートであるm(__)m

一応、ご参考までに、以下¥16800処の解説。

1. 100日移動平均線。

2. フィボナッチポイント。

3. 値幅測定から観測される数値。
16795: 14218(06/6/13)~15638(7/4)への上げ幅を18215(07/2/26)から下げ。

4. 前回高値¥16811(06/10/26)

 
 

ぶっちゃけ、この¥16800処より下では、¥16280処までメジャーサポートが見当たらない(/_;)

昨日、なんとか一目均衡表の雲下限で止まったのは大ラッキーであるm(__)m (オーバーシュート時だけに止まる可能性は高かったが・・・
それでも、それほど強いサポートとは言い難かったm(__)m)

昨日に続き再度¥16800を割り込む場面があるなら、要注意か(T_T)


200万円からはじめて5年以内に3億円以上の資産を築くチャンスが到来しているのですが、あなたは興味がありますか?そして、もし望むなら、実際に億の資産を手に入れた投資家の“2007年の投資戦略&注目銘柄”をじっくり5時間も聞き放題なのですが・・・ 詳細は今すぐこちらをクリック

| | コメント (27) | トラックバック (10)

« 2007年2月 | トップページ | 2008年11月 »